◆忙しいときは、簡単パスタ。明太子ソース。今回使用したのは、小さな益荒男ほうれん草、その名も「ミニラオ」。さっと湯がいてそのまま乗せてみました。南高梅を加えるのが視覚と味覚へのアクセントです!

◆生で食べて美味しいほうれん草、益荒男ほうれん草「ゴールデンタイプ」。しかしどれくらいの量まで食べられるのか?

◆今回は、私が被験者になって、どこまで食べられるか人体実験に挑戦した。

◆材料:↘量は大きい株2株、重量135g1袋弱。赤い部分はサラダから除いてたべることにした。

◆方法:ベーコンやハムなどを持ち合わせてなかったため、いつものフレンチドレッシングで素のままサラダで食した。↙下の写真は、3分の1くらいたべたあとでドレッシングを追加したところを撮影。勇んでしまってはじめに写真を取るのを忘れてしまった。

◆結果:110gを超えたあたりから厳しくなってきた。予め準備していたはちみつで煮込んだかぼちゃと、ヨーグルトをたべながらなんとか完食。↙

◆考察:ハムやベーコンがあったらもっと美味しく完食できたかもしれない。今回は、2人前に匹敵するビッグサラダをドレッシングのみで食したので、限界点が早めに到来したものと考えられる。今回の調理方法では、私の限界点は110gと判定。

※よい子の皆さんは真似しないで下さい。

※今回の結果は、あくまで個人の感想でありすべての皆さんに該当するものではありません。1事例としてお受け下さい。

※たべ過ぎ注意です。私は、草食系男子になりかけました。肉や魚もたべましょう。

★完★

◆忙しすぎる毎日のため、野菜を食べるのを忘れかけていた自分。

◆そんなときは、益荒男ほうれん草ゴールデンタイプのそのまんまサラダ。

※東京の伊勢丹新宿店のお客様、おまたせしました。本日到着で、お店にゴールデンタイプを納品せて頂きました。ぜひともそのまんまサラダ、お試しください。

◆↘サラダで足りないときは、益荒男ほうれん草ブラックタイプのほうれん草炒め、卵を入れて炒めたらハイ出来上がり!!ガツンと食べたいときはこちらもおすすめです。

◆ちょっと頼まれた修理の話。自分の興味のあるマニアックな分野が人の役に立つのは嬉しいことだ。

◆今回は、シンセサイザーの電源アダプターがうまく機能しないとのことで、その部分を解体して観察した。

◆対象のアダプターは、交流100V電源を直流12Vに変換するアダプター。過去にハンダでくっつけて修理した痕跡がある12Vの出口。これの被覆線が剝けて、断線しかけているか、ショートしているようだ。

★↗ショートではなく、断線によるものとの見方が正しいようだ。左側の被覆の銅線が切れかかっているように見える。

★↘先ずは、思い切って銅線を切断した。

★↘そして、被覆資材のついたパーツ(専門教育を受けていないので正式名称は分からない)を装着。

◆今回は手持ちの小物と絶縁テープで修理を敢行した。無事完了、強度も前の状態よりも断然にUP!!自信あり!!

★↘↗赤いほうがマイナス。このアダプターは◎のセンターがマイナスの仕様だった。

◆修理の途中で、プラスとマイナスを見失ったため、抜き差しできる仕様にして、電気テスターでチェックして仕上げた。何かの予期せぬ力が加わったときはここが抜けて、大きな故障を免れる「ブレーカー」機能をもたせた。我ながらなかなかの出来栄えだと思う。

★終わり。めでたしめでたし。