◎まだ誰も成功していない全量移植栽培でha規模のホウレンソウを作ってビジネスを成立させる。これが、研究者から生産者になりたての私の目標だった。それがいかに「絵に書いた餅」であったことか。気づいたときには「後の祭り」。失敗、失敗、また失敗の連続であった。しかしそれが今となっては、「バカ」が功を奏した形で、「絵に書いた餅」ももうすぐ食べられそうになってきた。良くやってこれたなと思う。私は運がいい。

◎失敗の連続でくじけそうになりながら、多くの人に励まされて何度も立ち上がり今年は十年目。かつてないほどのホウレンソウの出来栄えに満足している。出荷量は前年比33%アップの20t。そして私と同等以上の農作業パフォーマーの弟子の成長もあいまって、いよいよ2年後にはホウレンソウ生産事業の集大成。人材育成を成功させる。

★これは↓2日前の写真ですが、私の背後に見えるホウレンソウはもう全量収穫してしまってありません。生産地は三重県津市ですが、販売先は神出鬼没。赤字でJagronsと書かれたマークの入ったホウレンソウを見たら、それはファーム*ジャグロンズ「安濃津農園」で私たちが作ったホウレンソウです。きっと、あなたの近くにもあるかもしれません。いや、近い将来きっとあなたのそばにもあると思います。これからをご期待ください。

古い動画を見つけましたのでUPします。ここをクリックしてください→益荒男ほうれん草を食べる犬